格安での海外旅行が可能!物価が安い国を紹介!

海外旅行をする際には、現地での滞在時間が一週間を超えるなど、長くなることもありますよね!そんな時は、物価が安い国に滞在することで、旅行中の費用を大幅に下げることができます。また、物価が安ければ、ショッピングも思う存分楽しむことができますよね!
そこでこの記事では、物価が安い国を紹介します。長期の旅行を計画している場合は、ぜひ以下の国への旅行を検討してみましょう。

タイ

アジアの中でも物価が安いことで知られていますタイ。首都のバンコクは近年の経済発展で徐々に物価が上がりつつありますが、それでも日本よりもはるかに物価はやすいといえます。
ホテルは3000円ほどで宿泊できることがほとんどで、食事も500円以内でおいしいローカルフードが楽しめます。特にナイトマーケットでは50円ほどで屋台フードが楽しめるので、食べ歩きをする際にもぴったりですよ!
タイへは激安ツアーも催行しているので、滞在費だけではなく、旅行全体の費用を安く含めることができます。

メキシコ

アメリカやカナダなどの北米と比較してまだまだ経済発展が遅れている中南米は物価が一気に下がります。その中でも、日本から直行便があるメキシコは、旅行がしやすい国としておすすめです。
メキシコは新卒の初任給が約7000ペソ(約4万円)ほどとされており、ランチであれば400円、ディナーであれば1000円ほどでおいしい食事がいただけます。また、メキシコの定番のタコスなどは町のいたるところで売られており、100円ほどで食べることができますよ!
首都のメキシコシティであっても、バスは15~30円程度、タクシーの初乗りは約50円、地下鉄は統一料金で約30円と非常に安いので、現地に長く滞在してもかなり費用を安く抑えることができます。

チェコ

ヨーロッパの中でも中欧は物価が安いことで知られています。その中でも特におすすめなのがチェコです。チェコはプラハが観光地として人気を集めており、日本からもたくさんの観光客が訪れています。
チェコはヨーロッパの国ですが、通貨はユーロではなく、チェコ・コルナが使用されています。
ランチは500円ほど、ディナーであれば1,000円から2,000円でコース料理がいただくことができるので、日本よりもずっと安いことがわかります。また、チェコは世界一のビール消費国であり、1杯100円ほどで、おいしいチェコビールを飲むことができるのです。そのため、ビール好きにはたまらないスポットとなっています。
また、プラハではショッピングも楽しむことができます。プラハでは低価格で質の高いコスメが手に入るので、女性から好評となっています。そのため、バラマキ土産を買う際もお財布に優しいのが魅力です。
他にも洋服やかわいい雑貨も手に入るので、ぜひ現地で思う存分ショッピングを楽しみましょう。

トルコ

トルコでは「リラ」という通貨が使用されています。リラは2018年から下落し続けているため、日本人にとってお得に旅行できる国として注目を集めています。
トルコの物価は日本の半分ほどであり、ホテルはスタンダードクラスであれば5000~8000円で滞在することができます。食事も500円ほどで済ますことができるので、節約をすれば、現地での滞在費をかなり安く済ませることができますよ。
トルコではビールやワインも安く飲むことができるため、お酒を楽しみたいという方にも最適でしょう。
現地の交通費も100円以下で収まることがほとんどなので、気軽にタクシーを利用することができますよ!ただし、タクシーを利用した場合、トルコ語がはなせないとぼったくられることがあるので、その点は注意が必要です。

エチオピア

海外旅行に慣れている上級者におすすめしたいのがエチオピア!エチオピアはアフリカにある国であり、誰もがその物価の安さに驚きます。
特に食費はかなり安く、安いレストランであれば100円ほどで食事が可能です。ちょっと高めのレストランに行ったとしても1000円あればかなり満足のいく食事ができますよ!
バナナやマンゴーなどのフルーツも数十円で購入することができるので、かなりお得だといえます。
宿泊に関しては、安い宿であれば500円で見つけることができます。ただし、ちゃんとゆっくり眠れるような施設を利用したい場合は2000円ほど出すのがいいでしょう。
アフリカでちょっとした冒険を味わいたい場合は、物価の安いエチオピアに行ってみるのもいいでしょう。

インド

世界で最も物価が安い国とも称されることがあるインド。インドは、イギリスの専門家が発表した、世界の131都市を対象とした”生活費の高い都市ランキング”で、ニューデリーが128位、ムンバイは最下位の131位という結果になりました。
そんなインドでは、安い屋台を見つければ1日の食費を300円ほどに抑えることができます。現地のおいしいカレーをレストランで食べたとしても400円ほどなので、物価が非常に安いといえます。
交通手段に関してもオートリキシャの初乗り料金が30円、タクシーの初乗りが70円ほどと格安なので、好きなだけ利用することができます。
さらに驚くのが宿泊費の安さ!安いホテルやドミトリーであれば、1泊300円ほどで宿泊できる施設も見つけることができるのです。もちろんそのような施設では衛生面や安全面での心配は残りますが…
清潔でネットが使えるレベルのホテルの滞在したい場合でも、3000円ほどで宿泊が可能なので、それでも十分安いといえるでしょう。
このようにインドでは現地での出費をかなり抑えることができるので、節約家の方に大変おすすめです。